TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

マリンスポーツブログ テーマ(新着記事) THEME

help
  • ダイビングログ⑮ 江之浦
    2020/03/30 17:15

    ダイビングログ⑮ 江之浦

    日曜は雪がすごかったですね❄月曜にはほぼ溶けていましたが、東京でも積もるくらいの雪でした。土曜日が暑かっただけに、この気温差にはやられます…😫 週末...

  • クジャクスズメダイさんの体色が変化する理由とは?
    2020/03/28 13:49

    クジャクスズメダイさんの体色が変化する理由とは?

    和名 クジャクスズメダイ 学名 Pomacentrus pavo 分類 スズキ目 - ベラ亜目 - スズメダイ科 - ソラスズメダイ亜科 - ソラスズメダイ属 分布 琉球列島;インド・太平洋 生息環境 サンゴ礁域の16m以浅に生息、サンゴの根の周辺やガレ場に見られる 体長 最大8.5cm その他 ソラスズメダイに似るがより大型で、頭部に複雑な模様がある。尾鰭の形も異なる。鰓蓋に暗色斑がある。日本では稀種。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 日本の海水魚と海岸動物図鑑 1719種 作者:小林 安雅 発売日: 2014/0…

  • シンデレラウミウシさんのシンデレラたる由縁とは?
    2020/03/25 11:23

    シンデレラウミウシさんのシンデレラたる由縁とは?

    和名 シンデレラウミウシ 学名 Hypselodoris apolegma 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - イロウミウシ上科 - イロウミウシ科 - アオウミウシ属 分布 西太平洋 生息環境 八丈島では春から秋にかけて水深10m前後の岩礁域で普通に見られる 体長 最大5cm、通常1.5~3cm その他 学名のApolegmaはギリシャ語でローブの裾という意味。ハゴロモウミウシの仲間とされていたが、2001年に正式に別種とされた。 ウミウシ―生きている海の妖精 (ネイチャーウォッチングガイドブック) 発売日: 2009/07/01 メディア: 単行本 体地色は青色から赤紫色…

  • 学名の由来がホラーすぎる!アカテンイロウミウシさん
    2020/03/23 13:42

    学名の由来がホラーすぎる!アカテンイロウミウシさん

    和名 アカテンイロウミウシ 学名 Ardeadoris cruenta 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - イロウミウシ上科 - イロウミウシ科 - メレンゲウミウシ属 分布 西太平洋熱帯域 生息環境 - 体長 最大5cm その他 DNAに基づいてGlossodoris属(イロウミウシ属)からArdeadoris属(メレンゲウミウシ属)に移された 学名の由来は cruentaはラテン語の cruentusの女性形に由来します。これは「血で染まった」という意味で、背部の赤い斑点を指します。DNAに基づいてGlossodoris属(イロウミウシ属)からArdeadoris属(メレ…

  • ネギタッパーでグッピー初出産
    2020/03/22 03:14

    ネギタッパーでグッピー初出産

    30匹くらい産まれましたが、 親グッピーが、産み終わり、稚魚を 追いかけ始めたので60センチ水槽...

  • ダイバーが出てくる作品集!
    2020/03/20 17:55

    ダイバーが出てくる作品集!

    日中は暖かい日もあり、ちらほら桜も咲き始めましたね🌸最寄りの駅前や、普段通る道に桜の木が結構あるので、この時期は歩くのが楽しくなります🌸&#x1f...

  • 触角と鰓がみぞれ模様!ミゾレウミウシさん
    2020/03/19 17:40

    触角と鰓がみぞれ模様!ミゾレウミウシさん

    和名 ミゾレウミウシ 学名 Chromodoris willani 分類 ドーリス亜目 - ドーリス下目 - イロウミウシ上科 - イロウミウシ科 - ミスジアオイロウミウシ属 分布 西太平洋熱帯域 生息環境 八丈島では1年を通して水深20m前後の岩礁域で見られる普通種 体長 最大5cm、通常1~3cm そのt Semitaspongia属やPetrosaspongia属の白い海綿を捕食する ウミウシ―生きている海の妖精 (ネイチャーウォッチングガイドブック) 発売日: 2009/07/01 メディア: 単行本 体地色は淡青色に白色の細点が密に入ります。背面と腹足周縁は白で縁取られます。背面に…

  • ドルフィンスイム 御蔵島
    2020/03/19 16:49

    ドルフィンスイム 御蔵島

    たまーに、ふとした瞬間に「イルカと泳ぎたいな~🐬」と思う時があります。ゆっくり泳いでイルカを眺めるのも良し。ちょっと頑張ってイルカと並んで泳ぐも良し。 ダイビング...

  • 産まれた稚魚、約1000匹全部大人までまでの育ててみます、笑笑
    2020/03/18 00:49

    産まれた稚魚、約1000匹全部大人までまでの育ててみます、笑笑

    順調に稚魚達は、成長しています、 20匹くらいは妊娠した子もいるような笑笑 1000匹、誰も落ちず...

  • 緑っていうか青?ミドリリュウグウウミウシさん
    2020/03/15 13:01

    緑っていうか青?ミドリリュウグウウミウシさん

    和名 ミドリリュウグウウミウシ 学名 Tambja morosa 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - フジタウミウシ上科 - フジタウミウシ科 - クロスジリュウグウウミウシ亜科 - ニシキリュウグウウミウシ属 分布 西大西洋熱帯域 生息環境 通年見られるが、沖縄では2月~5月にかけて、屋久島では初夏~夏季にかけてサンゴ礁域や岩礁域の水深数m~25mの岩盤壁面などで観察されている 体長 最大7cm その他 コケムシ類を摂食する。ニュージーランドでは青色のフサコケムシ属のBugula dentataを摂食するのが観察されている。また、イシガキリュウグウウミウシに捕食される。 ウ…

  • 【もっちりジェル】人気オールインワンジェルは本当に買い?
    2020/03/15 10:21

    【もっちりジェル】人気オールインワンジェルは本当に買い?

    売れてるオールインワンジェル化粧品「もっちりジェル」をレビューしました!もっちりジェルに使われている注目成分やその効果、利用者の評判、価格情報を紹介しています。

  • 通称ピカチュウ!ウデフリツノザヤウミウシさん
    2020/03/12 16:11

    通称ピカチュウ!ウデフリツノザヤウミウシさん

    和名 ウデフリツノザヤウミウシ 学名 Thecacera pacifica 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - フジタウミウシ上科 - フジタウミウシ科 - フジタウミウシ亜科 - ミズタマウミウシ属 分布 インド・西太平洋、中部太平洋、西大西洋 生息環境 ほぼ通年見られ、岩礁域の水深10~30mのガレ場や砂底のコンブ類の上で見られる 体長 最大6cm その他 オレンジ色のコケムシ類Bryozoaを捕食し、秋にはコンブ類のアントクメEckloniopisis radicosaの裏側によく着生している。ときに大量発生する。 ウミウシ―生きている海の妖精 (ネイチャーウォッチング…

  • イギリスの女王?エリザベスウミウシさん
    2020/03/11 16:47

    イギリスの女王?エリザベスウミウシさん

    和名 エリザベスウミウシ 学名 Chromodoris elisabethina 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - イロウミウシ上科 - イロウミウシ科 - ミスジアオイロウミウシ属 分布 インド洋、西太平洋、南太平洋、中部太平洋 生息環境 水深10~20mの砂地やガレ場のサンゴ礁や岩礁で単独またはペアで生息 体長 4cm その他 中央の黒い縦線は不規則な短い線の場合もある 太平洋でよく見られる種です 細長い体で、体地色は水色です。背面の周縁は橙色か黄色の縁取りで、触角の間からふわふわの二次鰓の間に黒い縦線が入ります。中央の黒い縦線は不規則な短い線の場合もあります。 アンナ…

  • プロダイバーまでの道のり
    2020/03/09 14:51

    プロダイバーまでの道のり

    こんにちは🙋‍♀️ プライベートの友人がダイビングインストラクターになるため、2月にオーストラリアに渡りました&#x1f...

  • 鼻毛が生えてる?!ダイバーに人気のモンツキカエルウオさん
    2020/03/07 15:06

    鼻毛が生えてる?!ダイバーに人気のモンツキカエルウオさん

    和名 モンツキカエルウオ 学名 Blenniella chrysospilos 分類 スズキ目 - ギンポ亜目 - イソギンポ科 - ハナカエルウオ属 分布 八丈島、琉球列島;インド・太平洋 生息環境 サンゴ礁域に生息し、サンゴなどにあいた小さな穴に住む。驚くと一瞬で穴に戻る。 体長 13cm 特徴 鼻皮弁が分技し、眼上の皮弁は3つに分岐することで、日本産のほかのハナカエルウオ属魚類と区別することができる。雄は繁殖の際、黒い婚姻色に変色する。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 角みたいなのが生えてる 目の上から角みたい…

  • 日本では普通に見られるアオウミウシさん
    2020/03/07 15:06

    日本では普通に見られるアオウミウシさん

    和名 アオウミウシ 学名 Hypselodoris festiva 分類 裸鰓目 - ドーリス亜目 - ドーリス下目 - イロウミウシ上科 - イロウミウシ科 - アオウミウシ属 分布 本州北部以南~九州;韓国、香港 生息環境 1年を通して浅い岩礁域で見られる普通種 体長 最大4cm その他 背面の模様は、個体によって変異が多い ウミウシ―生きている海の妖精 (ネイチャーウォッチングガイドブック) 発売日: 2009/07/01 メディア: 単行本 日本ではよくいるらしい 現時点で日本は沖縄と高知県でしか、潜っていないため私はまだ見たことありませんが、日本では1年を通じて普通に見られる種だそう…

  • 今月の電気代5613円
    2020/03/06 07:17

    今月の電気代5613円

    水槽が15台あり、エアコンで、水温を管理し てるので、エビ吉家は、プレコの為に私が 暑いのを我...

  • ダイビングログ⑭ 獅子浜
    2020/03/05 12:11

    ダイビングログ⑭ 獅子浜

    日付:2020/3/1(日) ポイント:獅子浜天気:曇り時々晴れ 水温:16℃前後透明度:5~10m 浅場は白く濁ってしまっており、3~5mくらいの透視度でしたが、深場は8~10...

  • ダイビングログ⑬ 江之浦
    2020/03/02 16:57

    ダイビングログ⑬ 江之浦

    こんにちは さてさて久しぶりに最近のダイビングログ🥽先週末は土日とも海へ! 日付:2020/2/29(土) ポイント:江之浦天気:晴れ時々曇り 水温:16℃前後透...

  • 幼魚は黄色に黒のドット柄のミナミハコフグさん
    2020/03/02 15:10

    幼魚は黄色に黒のドット柄のミナミハコフグさん

    和名 ミナミハコフグ 学名 Ostracion cubicus 分類 フグ目 - ハコフグ科 - ハコフグ属 分布 南日本の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島;インド・太平洋、大西洋南東部 生息環境 サンゴ礁域に生息。礁池や礁斜面など20m以浅にみられ、単独で行動する。 体長 45cm 特徴 雄は尾柄部が黄色い。雌は体色によりハコフグと迷う時があるが、本種の体背部の斑点がまばらなことで区別できる。幼魚の黒斑は成長過程で消え黒い縁取りの白ないし青色斑点が現れる。幼魚はサンゴの根の穴などを出入りする。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 発売日: 2018/09/17 メデ…

  • ダイビングログ⑫ Hawaii
    2020/03/02 14:24

    ダイビングログ⑫ Hawaii

    こんにちは! 寒かったり暖かかったり、春っぽいと思ったら冬のようで気温、天候が安定しないので春を飛ばして早く夏になれ!!と思ってしまう今日この頃…。 ダイビングもしていますが、水...

  • あだなはいちごパンツちゃん!マンジュウイシモチさん
    2020/02/27 16:51

    あだなはいちごパンツちゃん!マンジュウイシモチさん

    和名 マンジュウイシモチ 学名 Sphaeramia nematoptera 分類 スズキ目 - スズキ亜目 - テンジクダイ科 - コミナトテンジクダイ亜科 - マンジュウイシモチ族 - マンジュウイシモチ属 分布 八重山諸島;中・西武太平洋の熱帯域 生息環境 サンゴ礁域に生息。ユビエダハマサンゴやショウガサンゴの周りに多い。昼間はサンゴの枝の間にいて、暗くなるとサンゴの上に出てくる。プランクトンや小型の甲殻類などを捕食する。 体長 最大8.5cm 特徴 雄が卵を口の中で保護して、孵化させる習性がある。夜は黒ずんだ色に変色するようだ。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔…

  • 今日のグッピー達、爆繁殖が止まらない笑笑
    2020/02/26 03:20

    今日のグッピー達、爆繁殖が止まらない笑笑

    最近、モスコブルーに飽きてきた、エビ吉です 最近は増えすぎて、親グッピーの散乱施設水 槽から...

  • あだ名はサロンパス!スミレナガハナダイさん
    2020/02/24 18:14

    あだ名はサロンパス!スミレナガハナダイさん

    分布 駿河湾以南の南日本の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島;東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域 生息環境 サンゴ礁域の水深20~70mに生息。潮通しの良いサンゴ礁外縁部、特にドロップオフの途中の30m布巾に多い。 体長 15cm程 特徴 通常群れてもキンギョハナダイのようにあまり蜜にはならず、まばらに浮かんでいる。幼魚は成魚より尾鰭が長く、幼魚だけで群れを作りエダサンゴの周りに多い。雄から雌に性転換し、体色も変化する。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 和名の由来はわかりませんでした スミ…

  • 今年は暖冬!
    2020/02/24 17:19

    今年は暖冬!

    こんにちはズボラ再発してしまいました…🥱 そろそろ三寒四温なのでしょうか?暖かくなったり、寒くなったりで服を選ぶのが難しいですが、梅も咲き始め、暖かい日はぽかぽか...

  • スタートレックのメガネみたいなタテジマキンチャクダイさん
    2020/02/21 15:48

    スタートレックのメガネみたいなタテジマキンチャクダイさん

    分布 南日本の太平洋岸、琉球列島;インド・太平洋 生息環境 岩礁域、サンゴ礁域に生息。30m以浅に多く見られる。 幼魚は砂地にある珊瑚の根の下や岩の裂け目に多い。成長すると深みに移動する。 体長 40cm程 特徴 成魚はハレムをもつという。幼魚の斑紋が成魚と著しく異なるのは、同種に対する成魚の縄張り意識が強いため、幼魚は成魚から攻撃を受けないよう工夫していると考えられている。 2cmほどまではサザナミヤッコの幼魚に類似するが、吻から背にかけて白色横線があることで区別できる。インド洋で見られる固体は背鰭軟条部が伸びない。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 出版社/メーカー…

  • もはやカイメンと同化!オオモンカエルアンコウさん
    2020/02/18 14:15

    もはやカイメンと同化!オオモンカエルアンコウさん

    分布 南日本の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島;インド・汎太平洋 生息環境 沿岸浅所の岩礁域やサンゴ礁域に生息。カイメンやウミシダなどのそばで見られる大型種。 体長 20~30cm程 特徴 肌の質感がカイメンに近い。小さなものほど、カイメンに寄り添う傾向が強い。色は変異に富み、赤系、黄色系、茶系、茶のまだら、薄茶、薄い黄色、橙など。カエルアンコウ科の魚は、1度気に入った場所を見つけると長く同じ場所にいることが多い。小さいものはイロカエルアンコウとの見分けが難しいが、本種は背鰭第2棘を覆う皮膚は著しく肥厚し、鰭膜との境界は不明瞭である。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄…

  • 和名の由来は江戸時代の髪型?クダゴンベさん
    2020/02/18 14:15

    和名の由来は江戸時代の髪型?クダゴンベさん

    分布 南日本の太平洋岸、琉球列島;インド・汎太平洋 生息環境 水深10m~50mのヤギ類の群体上に生息。20m以深に多い。ヤギ類やウミトサカ類の間を泳ぐ。 体長 10~13cm程 特徴 一度すみつくと一定期間はいるため、観察しやすい。大きなヤギ類には数尾つくこともある。吻が長いこと、体側の格子模様が特徴。底生性および浮遊性の小型甲殻類を食べる。小さな魚を食べるところも観察されている。 ゴンベ科の特徴として背鰭にある棘の先端に糸状突起がある 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 和名の由来は …

  • ナノミドってどんな成分?効果や副作用は?
    2020/02/16 10:48

    ナノミドってどんな成分?効果や副作用は?

    クレチュールジュレローションに配合されている独自開発成分「ナノミド」ってどんなもの?ナノミドの効果や副作用について紹介しています。

  • アオリイカ釣り①
    2020/02/12 21:46

    アオリイカ釣り①

    幼少期からの趣味で続けている釣り ひと昔は自前のボートを車に乗せて地元の海をかけまわりました。 体力的な問題でマイボート釣りやめて、当時やっていた釣りblogも引退 今は当時の友達がやっている遊漁船に年に数回お邪魔させていただいており 9/27(金)に有給取って行ってきました 今の旬は何といっても「アオリイカ」 ボートからエギというルアーを使ってティップランという釣り方で狙います イカを誘う動作において腕の差がはっきりと出る釣りですが ハマれば半日で100杯以上の数も狙える楽しい釣りです。 ↑ 開始5分2019初ヒットでご満悦(本人ですw) イカの種類では甘みが強く味も濃厚で本当に美味い! 釣…

  • アオリイカ釣り②
    2020/02/12 21:46

    アオリイカ釣り②

    投資家を目指し勉強に励んでおりますが まだまだトレード内容をblogにエントリーできるスキルを 自信をもって持っていると到底思えないためしばらくは趣味のblogになります 先週に引き続き遊漁船をやっている友達の船にて アオリイカのティップランエギングをやってきました! 私たちは午後組の参戦ですが港で午前組(こちらも友達と会社同僚w)に 釣果を聞いたところ先週よりも渋く風が弱いため船が流れず苦戦との事でした イカは苦戦でもカマスは無限に釣れるというので まずのっけはおかず用にカマス釣りをオーダー30分ほどで13匹 その後は沖に走ってアオリイカを狙いましたが大方の予想通りポツポツ苦戦 左が私、右が…

  • 第二回 能登のアオリイカを釣って食べよう会(釣り編)
    2020/02/12 21:46

    第二回 能登のアオリイカを釣って食べよう会(釣り編)

    第二回能登アオリイカを釣って食べよう会が開催されました 3杯の総重量のコンテスト形式で コンセプトはティップランエギングでバンバンアオリイカを釣って それを即調理して食べようという会です 宴会会場となる里山まるごとホテル様で提供していただくイカ料理は どんな料亭で食べる料理よりも遥かに美味しくいただける絶品の大会です ↑ facebookで及びInstagramで公募したポスター、ちなみにTシャツも作成したw まだまだ小規模な大会で私は主催者補佐という立場で 会社から参加したメンバーのまとめ役兼、お世話になる船のリーダー役で乗船しました 晩秋でサイズは出るが数が出ない厳しい釣りでしたが セオリ…

  • 第二回 能登のアオリイカを釣って食べよう会(食事編)
    2020/02/12 21:46

    第二回 能登のアオリイカを釣って食べよう会(食事編)

    第二回 能登のアオリイカを釣って食べよう会(食事編)です 前エントリーにて皆さんで釣り上げたとれたてアオリイカを 調理係が捌いて里山まるごとホテル様のスタッフに調理していただき 皆さんに振舞います。 この料理はどんな高級料亭でも食べられない絶品料理で千金の価値あり めちゃくちゃ美味い料理でっせー!! 私は下戸ですが鬼のように美味い地酒がすすむらしいです笑 私は調理役なので100杯近くひたすら捌きます、あまりにも疲れたので ←何に見えますか?とコタロに送ったら 「やめなさいっ!w」と叱られました、そして参加者男子にバカ扱いw そんなすったもんだをやりながら ヒーヒー言いながら調理を終え、ようやく…

  • 釣り人にも人気!カスミアジさん
    2020/02/12 15:56

    釣り人にも人気!カスミアジさん

    分布 南日本の太平洋岸;インド・汎太平洋 生息環境 内湾とサンゴ礁域に生息。礁池の1mほどの浅所にも現れる。 体長 50~80cm程 特徴 体の周囲や第2背鰭、臀鰭、尾鰭が明るい紫色なことが特徴。群れで小さな魚を襲う姿が よく見られる。大型の魚について泳ぎ、大型魚が餌を探しているときに、驚いて飛び出してきた魚を捕食する。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者:吉野 雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 和名の由来 カスミアジの和名の由来は特に分かっていないようです。 地域や個体によってシガテラ毒をもつものがいるので、ドクヒラアジ(毒平…

  • 隈取顔じゃないやつも稀にいる!クマドリカエルアンコウさん
    2020/02/12 15:56

    隈取顔じゃないやつも稀にいる!クマドリカエルアンコウさん

    分布 南日本の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島;インド・西太平洋 生息環境 沿岸浅所の岩礁域やサンゴ礁域に生息 体長 成魚は10cm程 特徴 眼から後方に広がり背部につながる明瞭な帯が特徴。背鰭第2棘の鰭膜は、薄く大きくて、第2棘は前方に傾けることができる。伊豆では成魚は見た記憶がない。琉球列島でも数は少ない。幼魚は体の地色が白く、鰭は橙色で縁取られる。伊豆では秋から冬に多い。稀だが、黒地に黄色点をもつものもいる。成長するにしたがい、特徴の一つである、体の表面の凹凸が目立つようになり、10cm程では本種だとわかる。幼魚は愛らしいので、ダイバーには人気がある。白い幼魚は成長すると、黄色くなることが多…

  • 2020年の初乗り@伊良湖
    2020/02/09 12:15

    2020年の初乗り@伊良湖

    2020年になり、早くも1ヶ月が経ちました。ご挨拶が遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。 さて、少し前になりますが、1月某日2020年の初乗りに伊良湖まで行ってきました。 初乗りは全日本へ〜! 初乗りは全日本。私がお邪魔した日の前日は、胸〜肩△40点といういい波が割れていましたが、この日はサイズダウンして腰〜腹▼30点。 新日本のほうが波情報の点数がよくって(腰〜腹▼35点)チェックしてみたんですが、全日本と大差なく、しかも少し混雑しているので、全日本へ。見ての通りどんより曇っていて、2020年のサーフィンの始まりとしては「なんだかなあ」という感じではありましたが、2時間半くらいか…

  • ダイビングフェスティバル2020
    2020/02/08 13:26

    ダイビングフェスティバル2020

    今更ですが、ダイビングフェスティバル2020に行ってきました! 今年は40社ほど参加していたようです!ちらっと聞こえてきた話では、段々規模は縮小しているようですが、新作・新色を一...

  • umi ni yuuyake    I♡kurage
    2020/02/02 19:03

    umi ni yuuyake I♡kurage

    山や猫
こけし風
お土産品風
と山形県庄内。好きを布にデザインしました手間福音堂のお知らせHPです。

  • shounai hama
    2020/02/02 19:02

    shounai hama

    山や猫
こけし風
お土産品風
と山形県庄内。好きを布にデザインしました手間福音堂のお知らせHPです。

  • ダイビングログ⑪ 伊豆大島Part4
    2020/02/02 16:40

    ダイビングログ⑪ 伊豆大島Part4

    これで伊豆大島ログは終わりです!!ラスト荒れ荒れの秋の浜へ! 日付:2020/1/26(日) ポイント:秋の浜 天気:雨 水温:17℃ 透明度:15~20m 北東風8mくらいだっ...

  • ダイビングログ⑩ 伊豆大島Part3
    2020/02/02 12:15

    ダイビングログ⑩ 伊豆大島Part3

    さて、1泊2日で行ってきた大島ダイビング2日目のログです。 日付:2020/1/26(日) ポイント:王の浜 天気:雨 水温:17℃ 透明度:15~20m 26日は風は強い、雨は...

  • ダイビングログ⑨’ 伊豆大島~ご飯編~
    2020/02/02 12:15

    ダイビングログ⑨’ 伊豆大島~ご飯編~

    伊豆大島でのダイビングにて、ダイビングの次に、、、いやダイビングより楽しみといっても過言ではないもの、、、そう、ご飯です🍚🥢 いつもお世話になって...

  • ついに、熱帯魚ショップに私のグッピー達が並びます
    2020/02/02 09:30

    ついに、熱帯魚ショップに私のグッピー達が並びます

    ついに、夢だった私の繁殖させた、子供達が ショップで、販売される契約結んできましたー あはは...

  • 皇大神宮摂社鴨神社〜お伊勢さん125社満願
    2020/01/28 15:49

    皇大神宮摂社鴨神社〜お伊勢さん125社満願

    遅くなりましたけれど、皆さまあけましておめでとうございます(苦笑) さて、生駒縦走の連載中ですが、相変わらず遅々として進みませんところ、取りあえず先の冬至に伊…

  • ダイビングログ⑨ 伊豆大島Part2
    2020/01/28 14:46

    ダイビングログ⑨ 伊豆大島Part2

    さて、個人的伊豆大島ダイビングツアー!第2弾はナイトダイビング⭐!!こちらも秋の浜で潜ってきましたよ~ 日付:2020/1/25(土) ポイント:秋の浜天気:晴れ一...

  • ダイビングログ⑧ 伊豆大島Part1
    2020/01/27 17:55

    ダイビングログ⑧ 伊豆大島Part1

    こんにちは!1/25・26で伊豆大島に行ってきました🚢散々、晴乞いしてきた結果…、25日は晴一時曇り!風は冷たかったですが、晴れ間があったので暖かく感じましたが、...

  • タイでダイビング:アルハンブラ・ロック(マクロ編)
    2020/01/27 14:06

    タイでダイビング:アルハンブラ・ロック(マクロ編)

    ラヨーン沖のアルハンブラ・ロック。魚群も楽しめますが、マクロも楽しいのです。かわいいオレンジ色のハゼ「オレンジ・リーフ・ゴビー」などなど、小さなお魚たちを写真中心にお伝えしております。

  • MY生物図鑑、始めます。
    2020/01/23 15:24

    MY生物図鑑、始めます。

    魚の名前が覚えられない!!!ということで、ただただ純粋に困っています。似ている魚が多すぎるんじゃ…。幼魚と成魚で見た目変わりすぎるんじゃ…。そもそもウミウシ小さすぎて見えないんじ...

  • ダイビングログ⑦ 伊豆大島ナイトダイビング
    2020/01/20 13:16

    ダイビングログ⑦ 伊豆大島ナイトダイビング

    ここ最近のログではないのですが、今度また大島に行く予定なので、前回の大島ナイトダイブのログを… 日付:2019/5/11 ポイント:秋の浜天気:ーー 水温:16.1℃透明度:ーー...

  • タイでダイビング:Rayong Dive Centerで行くアルハンブラ・ロック
    2020/01/20 11:31

    タイでダイビング:Rayong Dive Centerで行くアルハンブラ・ロック

    タイでダイビング。近場のラヨーンで潜って来ました。二日間かけて、じっくりと撮影をしてきました。バラクーダの群れは圧巻です!ワイド写真中心に紹介しております。観てくれたら嬉しいです。

カテゴリー一覧
商用